3Beesシステム

クリニック向け順番受付・予約受付サービス

クリニック向けPMSアプリケーション
「3Beesシステム」

欧米のクリニックで導入が進む業務支援ソフト「PMS」(Practice Management System)は レセコン・電子カルテを補完、増強するためのソフトで、予約・順番管理・経営分析などのツールを通じてクリニックの悩みや不安の解決を図ります。

本サービスの特徴とは?

理想のクリニックの実現をサポートする6つのアプリとプロダクト

 

Bee診察予約

Bee順番管理

Beeメッセージ

Bee業務日報

Bee患者満足度調査

Bee患者受付Asura

 

 

 

 

 

3Beesなら、スムーズな診察と増患を、無理なく両立できます。

3Beesは、各アプリが効果的に連携し、現実の負担を軽減するだけでなく患者数を平準化。受診アドヒアランスと再受診率を高めて、無理なく確実に増患を促します。




3Beesなら、1日5分の入力でクリニックの経営を見える化、不安を解消します。

3Beesの2つのアプリが、クリニック経営の改善を支えるPDCAサイクルのCheck(評価・分析)を強化。現状、変化、予測値と実測値とのギャップから課題を浮かび上がらせ、より効率的かつ効果的なAct(改善)、Plan(計画)、Do(実行)を促します。

 

 

 

待ち時間の不満を緩和、再受診の向上、患者満足度向上など
クリニック経営の根幹をサポート、他クリニックとの差別化を図ることができる。今後のクリニックに必要なシステムとなっています。




実績紹介

comming soon!


楊 浩勇 医師

医療法人健究社(スマイル眼科)理事長


慶應義塾大学医学部を卒業後、慶應病院等で勤務。
その後、慶應医学部医療政策・管理学教室助手を経て、
電子カルテ開発ベンチャーを起業。
同社を米国医療情報大手にM&A後、
日医総研客員研究員として医院経営の研究とORCAプロジェクトを担当。
2003年日本医師会の委託研究のため米国ハーバード公衆衛生大学院に研究員として留学。
帰国後、医療系IT会社を設立、代表取締役会長CEOに就任。
現在、医療法人健究社理事長と慶應義塾大学医学部非常勤講師を兼務。
現在も週1度以上現場で診察を行う。